院長ブログ

2015年3月10日 火曜日

新しい放射線治療

先日、佐賀医科大学耳鼻咽喉科の教授の講演を聞きましたが、その中で、今までと違った「粒子線・重粒子線」といった新しい放射線治療の紹介がありました。これは従来のX線やガンマ線による光子線治療とは異なり、水素原子を構成する陽子や、炭素イオン等の直接的な粒子を加速してがん細胞を叩く新しい治療法です。九州でも、佐賀県鳥栖市に「九州国際重粒子線がん治療センター(通称;サガハイマット)」、鹿児島県指宿市に「メディポリスがん粒子線治療センター」が作られ、切除不能がん症例や予後の悪い進行がん症例に効果をあげています。この治療では正常組織を障害せず、治療中の痛みや熱を感じる事もありません。また、一回の照射が20分程と短く、通院治療が可能というメリットがあり、体力のない高齢者や手術不能な患者さんも治療を受ける事が出来ます。こう書くと良い事ずくめのようですが、いかんせん保険が適応されませんので、粒子線治療で288万円、重粒子線治療で314万円の費用がかかります。そして最先端の治療ですので、希望者が多いため治療開始までの待ち時間がかなりかかるそうです。近い将来にはこれらの問題が解決され、どんな方でも気軽に受けられる治療法の一つになる日が来る事でしょう。

投稿者 医療法人杉本耳鼻咽喉科医院

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒800-0039
福岡県北九州市門司区中町5-17
■診療時間
9:00-12:30/14:00-18:00
■休診日
日曜・祝日、木・土曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら