症例ブログ

2015年10月20日 火曜日

先天性耳瘻孔



先日6才の女の子が耳が腫れたと言って来られました。見ると写真の様に左耳介の付け根の部分に小さな穴がありその周囲が腫れています。これは先天性耳瘻孔という物に細菌の感染が起こった病態です。先天性耳瘻孔とは、耳介が母体内で形成される時に皮膚がトンネル状に皮下に取り残された状態です。日本人では0.7%の発生頻度ですから100人に一人位は見かける物です。一生感染を起こさずにすむ方がほとんどですが、中に何回も感染を繰り返し、痛みや腫れのためにそのたびに耳鼻科を受診しなければいけない人もいます。抗生剤の内服で良くなるようでしたら問題ないのですが、痛みや腫れがひどい場合は切開して膿を出してやる必要があります。そういった状態を何度も繰り返すようでしたら手術で瘻孔自体を摘出する必要があります。全身麻酔下に手術を行いますので入院も必要ですし大変ですが、手術を行えば以降は腫れる心配はありませんので、もしこのような状態になるようでしたら、早目の手術をお勧めします。下にひどくなった状態の教科書に載っている写真をお示しします。




投稿者 医療法人杉本耳鼻咽喉科医院

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒800-0039
福岡県北九州市門司区中町5-17
■診療時間
9:00-12:30/14:00-18:00
■休診日
日曜・祝日、木・土曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら