ホーム > お子様への治療

お子様への治療

お子様への治療について

お子様への治療について

耳鼻科専門医では、小児科の先生では詳しく診られない耳の所見や鼻の中まで診てあげることができます。

例えば高い熱が出た時に私たちは中耳炎かな?と思いますが小児科の先生では分からない事があります。

小児科の先生も耳を診ますが、耳あか等があれば全く見えません。熱のため風邪と診断され風邪薬を処方されるような場合でも、耳鼻科で耳垢をとったら中耳炎がひどく、鼓膜切開をすると熱がすっと引くようなケースもあります。局所がよく診られるということが耳鼻咽喉科の強みです。

耳鼻科、小児科、内科の違い

小さいお子さんの場合内科、小児科、耳鼻科どれを受診すればよいのか迷ってしまうという声をよく聞きます。例えば、熱が出て小児科に行って薬をもらっても良くならず、耳を気にしているようなので耳鼻科に行ったら中耳炎で、鼓膜切開したら治ったという事がよくあります。このような経験のあるお母さんは熱が出たらまず耳鼻科に行き、耳が問題なければその後小児科に行くという方が結構いらっしゃいます。

熱が出たら耳も喉も鼻もきちんと診る事が出来る耳鼻科を受診する事をお勧めします。
扁桃炎などもよく診ないと分からない場合がありますし、内科では喉頭の方までは診る事が出来ません。お子さんにはあまりありませんが、喉の奥の喉頭蓋というところに炎症を起こすと呼吸困難で死に至ることもあります。

内科の先生ではそこまでは分かりませんので、喉が痛いと「お薬出しておきましょう」ということになります。しかしもし急性喉頭蓋炎であった場合は、昼間病院で薬をもらったけど良くならず、夜息が苦しくなって救急車を呼んだけれども間に合わず、窒息して亡くなってしまったとうケースが年間に全国で数件はあります。私たちは喉頭まで診ますので、こういった重篤な疾患を見逃しません。

内科や小児科に行ってもなかなか熱が下がらない場合には、ぜひ耳鼻科を受診されて下さい。耳鼻科では子どもが熱を出したらまず中耳炎を疑い、全員最初にまず耳を診ます。特に乳幼児では耳が痛いと自分では訴えないため、必ず診るようにしています。

他院との違い

他院との違い

治療に関しては、子どもの滲出性中耳炎には積極的にチュービングをするようにしています。
放っておくと「真珠腫性中耳炎」という非常に厄介な中耳炎に移行することもあります。鼓膜を切開した後に、その切開した穴がふさがらないようにシリコン製のチューブを入れる治療です。
大きな病院で全身麻酔をかけて行う場合もありますが、麻酔のリスクもありますし親の付き添いも必要です。

当院では、お子さんの協力が得られればその場で行い、終われば帰宅できますので負担が少なくて済みます。
聞こえを良くするには、切ったところから汁を吸いだして空気を入れ、鼓膜を浮かせる必要があるのですが、早い人では翌日にはその穴がふさがってしまいます。ふさがるとまた中に汁が溜まって鼓膜が引っ込んで聞こえなくなってしまうので、しばらく穴を開けたままの状態にして換気をしなければなりません。そのためにその穴にチューブを置いておくのです。そうすると鼓膜がよく動くようになり、聞こえが良くなります。

小さい穴であればしばらくあけていた方が良いですし、聞こえにも影響はありません。
そういった事をひとつひとつ説明するのは大変ですが、説明する事が医者の使命だと思っていますし、そうして患者さんに納得した上で治療を受けていただければ協力も得られますし、治療もスムーズに行きます。

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒800-0039
福岡県北九州市門司区中町5-17
■診療時間
9:00-12:30/14:00-18:00
■休診日
日曜・祝日、木・土曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら