ホーム > 耳のお悩み

耳のお悩み

中耳炎

種類と症状
中耳炎

一番多いのは「急性化膿性中耳炎」です。小さなお子さんに多く見られます。
鼓膜の向こう側には中耳や鼓室と呼ばれる部屋があり、そこと鼻の奥は耳管という細い管でつながっています。
従って風邪などで鼻水が増えたり、その中のばい菌(細菌)が増殖するとそれらが耳管を通じて中耳に入り込み、そこで細菌が繁殖し炎症を起こした状態が中耳炎です。膿がたくさん溜まると鼓膜を圧迫して痛みになります。
高い熱が出ることもあります。

子どもではこの他に「滲出性中耳炎」も多く見られます。
この場合は水っぱなの様な液体が鼓膜の向こう側に溜まりますが、細菌が入っていないので膿にはなりません。
痛みや発熱はありませんが、お風呂で耳に水が入ったようなボワーンとした感じで聞こえが悪くなります。

しかし、子どもは自分から訴える事が少ないので、お母さんが「この子、聞こえが悪いのでは?」と言って連れて来られるケースがほとんどです。
こういう時はまず鼻水を出しやすくする薬や、鼻の処置などでしばらく様子を見ます。
それでも改善がない場合は鼓膜を切開して中耳に溜まった液を吸い出してやります。こうすると聞こえが良くなります。

しかし中にはすぐに切開した穴がふさがり、また液が溜まって聞こえなくなってしまうお子さんがいらっしゃいます。
そういった場合は鼓膜換気チューブというシリコン製の小さなパイプを切開した穴に挿入します。
こうする事で中耳の中が乾燥して鼓膜がよく動き聞こえが良い状態が続きます。このチューブはしばらく(1年から2年くらい)置いておきます。

もう一つは「慢性中耳炎」です。急性の中耳炎を放置して鼓膜の穴が閉じなくなった状態です。
通常はきちんと病院で耳の処置をして、抗生剤などを服用すると鼓膜が乾燥して自然に穴が閉じるのですが、何も治療をしないと常に汁が出ている状態なので穴がふさがりません。
この状態が年余にわたって存在する場合を慢性中耳炎と呼びます。

鼓膜の向こうの中耳という部屋は、本来全く細菌がいない所(無菌状態)なので、耳あかが落ち込んだり水が入ったりするとすぐに炎症を起こしてしまいます。
風邪をひいて免疫力が落ちたりすると、耳から汁(耳垂れ)が出て来るという方はたくさんいらっしゃいます。その場合は抗生物質を飲んだり、点耳薬を耳にさしたりして殺菌します。

また、ぬるま湯で耳を直接洗う方法も有効的です。
どうしても駄目な場合は鼓膜をふさぐ手術をすることもあります。

症例によっては鼓膜の穴のあいた部分に人工の皮膚をあてるだけで、鼓膜表面の皮膚が伸びてきて新しい鼓膜ができることがあります。これは外来で簡単に出来る処置です。

本格的に手術で鼓膜を再生する場合は入院の上全身麻酔をして行います。この場合は大きな病院を紹介する事になります。先ほどの処置ですと入院の手間がかからずに治療ができます。

完治まで
完治まで

急性中耳炎はだいたい2週間位で治ります。
滲出性中耳炎や慢性中耳炎の場合は、数か月~数年と長くかかる事があります。

風邪からの中耳炎は、放置するべきではありません。
風邪はウィルスの感染症で、初期の段階ではカタル性炎症といって粘膜が赤くなり透明な浸出液が出てきます。透明の鼻水などがそうです。

それが長引いてくると細菌が繁殖してきます。細菌自体は人の体の中にもともとあるものですが、風邪をひいて免疫力が落ちてくると増殖して来ます。細菌は外毒素を出して組織を破壊します。

細菌が繁殖するとこれをやっつけるために血液中の白血球が集まります。膿が黄色いのは、細菌を食べる白血球の色が黄色いからです。風邪の初期の段階では鼻水でも痰でも透明ですが、黄色いのが出てくるという事は風邪が長引き、細菌に感染したという証拠です。

風邪というのはウイルスの感染症なので組織を破壊するようなことはないのですが、この段階で収まらず遷延化すると、細菌が繁殖し組織がダメージを受けてしまいます。

急性化膿性中耳炎は風邪の治りかけの段階でなることが多く、黄色い鼻水や痰が出てきたりすると要注意です。
従って子どもの場合風邪の後半で高い熱を出したら、急性中耳炎ではないかと疑わなければいけません。

中耳炎はくせになるのか?

急性中耳炎はだいたい2週間位で治ります。
滲出性中耳炎や慢性中耳炎の場合は、数か月~数年と長くかかる事があります。

風邪からの中耳炎は、放置するべきではありません。
風邪はウィルスの感染症で、初期の段階ではカタル性炎症といって粘膜が赤くなり透明な浸出液が出てきます。透明の鼻水などがそうです。

それが長引いてくると細菌が繁殖してきます。細菌自体は人の体の中にもともとあるものですが、風邪をひいて免疫力が落ちてくると増殖して来ます。細菌は外毒素を出して組織を破壊します。
細菌が繁殖するとこれをやっつけるために血液中の白血球が集まります。膿が黄色いのは、細菌を食べる白血球の色が黄色いからです。風邪の初期の段階では鼻水でも痰でも透明ですが、黄色いのが出てくるという事は風邪が長引き、細菌に感染したという証拠です。

風邪というのはウイルスの感染症なので組織を破壊するようなことはないのですが、この段階で収まらず遷延化すると、細菌が繁殖し組織がダメージを受けてしまいます。

急性化膿性中耳炎は風邪の治りかけの段階でなることが多く、黄色い鼻水や痰が出てきたりすると要注意です。
従って子どもの場合風邪の後半で高い熱を出したら、急性中耳炎ではないかと疑わなければいけません。

難聴について

難聴について

聴力をつかさどる一番大切な部位は内耳のかたつむりという部分です。その中に有毛細胞という音を認知する重要な細胞があります。

その細胞を刺激すると脳に信号を送り音として感じます。有毛細胞は1万5千個位あり、それぞれに周波数が割り振ってあります。そこが強くダメージを受けると聞こえが悪くなります。

そんなに強いダメージでない場合は、音が響く、割れる、自分の声が反響する耳がふさがった感じがするといった症状が起こります。
中には「耳の中にバンドがいて、ガチャガチャ演奏しています」という方もいます。
一つの音と、その1オクターブ上の音が同時に合唱のように聞こえるという方もいます。本来耳というのはAV機器と同じで、入ってきた音を(マイクロフォンで)ひろって(アンプで)増幅し(スピーカーから)音を出すという働きをするのですが、耳鳴りというのは、こういったステレオが古くなると関係のない雑音を出してしまうようなイメージです。

この内耳の障害で聞こえない場合は補聴器を使ったり手術で人工内耳を入れたりします。
耳鳴り自体は誰にでもあるのですが、気にならない人と気になるが人がいて、その人の性格にも関係しているようです。
聴力検査で耳鳴りの音を調べると、結構大きい音でも感じない人もいますし、ほんの小さな音でもうるさく感じるという人がいます。

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒800-0039
福岡県北九州市門司区中町5-17
■診療時間
9:00-12:30/14:00-18:00
■休診日
日曜・祝日、木・土曜午後

お問い合わせ 詳しくはこちら